music:
art:
fetish:
animals:
day-by-day:

23rd April 2014

Foto gerebloggt von Wylona Hayashi mit 1.894 Anmerkungen

wylona-hayashi:

Wylona Hayashi
Can’t get enough of my beauties from The Rogue + The Wolf
Don’t forget to enter WYLONA5 for discount on any purchases on their etsy! Instagram @wylonahayashi4

wylona-hayashi:

Wylona Hayashi
Can’t get enough of my beauties from The Rogue + The Wolf
Don’t forget to enter WYLONA5 for discount on any purchases on their etsy!
Instagram @wylonahayashi4

23rd April 2014

Foto gerebloggt von Wylona Hayashi mit 275 Anmerkungen

wylona-hayashi:

Creep 
Repost

wylona-hayashi:

Creep
Repost

22nd April 2014

Foto gerebloggt von Tears Of A Goddess mit 4.798 Anmerkungen

steampunktendencies:

Corset “Malachite”. Made by Andrew Kanounov, Moscow, Russia. 
Facebook |  Google + | Twitter



Steampunk Tendencies Official Group

steampunktendencies:

Corset “Malachite”. Made by Andrew Kanounov, Moscow, Russia.

FacebookGoogle + | Twitter

Steampunk Tendencies Official Group

Quelle: facebook.com

22nd April 2014

Fotoserie gerebloggt von Tears Of A Goddess mit 9.899 Anmerkungen

magpieandwhale:

jeannepompadour:

Medieval men’s and women’s costumes from the 1300s-1400s

For real? Wow.

Quelle: jeannepompadour

22nd April 2014

Fotoserie gerebloggt von Tears Of A Goddess mit 9.899 Anmerkungen

magpieandwhale:

jeannepompadour:

Medieval men’s and women’s costumes from the 1300s-1400s

For real? Wow.

Quelle: jeannepompadour

21st April 2014

Foto gerebloggt von 【J】にゅーすぷらすw mit 7 Anmerkungen

vampirejohnnysun1018:

なんとご立派な。「マイメロディ」のイヤホンジャックアクセサリーが男気全開
デザイン段階で、誰か止める人はいなかったのでしょうか。

vampirejohnnysun1018:

なんとご立派な。「マイメロディ」のイヤホンジャックアクセサリーが男気全開

デザイン段階で、誰か止める人はいなかったのでしょうか。

21st April 2014

Foto gerebloggt von Dreams, feelings, thoughts mit 13 Anmerkungen

21st April 2014

Foto gerebloggt von Dreams, feelings, thoughts mit 25 Anmerkungen

17th April 2014

Zitat gerebloggt von オレ、このサキどおしよう mit 761 Anmerkungen

「猫に関する76個の真実」



1. 米国で一番人気のあるペットは猫である。その数、なんと8800万匹。ちなみに犬は7400万匹飼われている。

2. 320mの高さからコンクリートに落ちても無事だった猫が存在する。

3. 猫の集まりは英語で「clowder(クラウダー)」という。

4. 猫には耳を動かすための筋肉が20個以上存在する。

5. 猫は一生の70%を寝てすごしている。

6. 米国アラスカ州のタルキートナでは15年以上「名誉市長」を務めている猫がいる。

7. 2013年にメキシコの市長選に立候補した猫もいる。

8. 虎やトラネコの舌には、肉をひきちぎるためのトゲが真ん中に生えている。

9. 猫が「しかめっ面」をしている時は空気の味を確かめている時である。猫には呼吸をするだけで、空気の味を確かめられる器官が備わっている。

10. 猫には甘さを感じる味覚がない。

11. 猫を飼っているだけで心臓発作や脳卒中のリスクが三分の一も減る。

12. 世界一長い猫は全長48.5cm。

13. 猫は紀元前3600年頃から家庭で飼われていた形跡がある。エジプトにファラオが存在した2000年も前の話である。

14. 猫がゴロゴロのどを鳴らすのは満足感を表す場合だけでなく、緊張状態を表すものと、自己再生機能のためという場合がある。

15. 飼い猫がのどを鳴らす周波数は、筋肉や骨が自己再生する周波数と同じである。

16. 大人の猫が「ミャー」と鳴くのは人とコミュニケーションをとるときだけである。

17. 世界一金持ちの猫は1300万ドル(約13億円)の資産を持っている。これは飼い主が亡くなった際に遺産を相続させたからである。

18. 飼い猫は飼い主の声を識別できるが、知らないふりをしているだけである。

19. 猫は乳糖不耐性であることが多いので、ミルクを与えてはいけない。

20. 猫は生魚を好まない。

21. YouTubeにあがっている一番古い猫の動画は1894年に撮影されたもの。

22. 1960年頃、CIAは猫の耳にマイクを仕込み、脳に送信機を埋めこんでスパイとして活用する計画があった。

23. 毛玉は専門用語では「bezoar(ベゾアール)」という。

24. メス猫は基本的に右利きで、オス猫は基本的に左利きである。

25. 猫は100種類の音を鳴らすことができる。犬はせいぜい10種類といわれている。

26. 猫の脳は90%人と似ている。犬よりも人間に近いようだ。

27. 猫と人の脳には、ほぼ同じ「感情をコントロールする領域」が存在する。

28. 猫の大脳皮質には3億のニューロンが存在するが、犬には1.6億しか存在しないようだ。

29. 猫は犬より長期記憶にすぐれている。

30. 猫は犬より社会性は低いが、犬よりも難しい認知テストに答えることができる(気分がのっていれば)。

31. 猫はiPadの1000倍メモリー容量がある。

32. 古代エジプトでは猫を殺すことは違法だった。これはネズミの駆除に大きく役立っていたからである。

33. 15世紀では、インノケンティウス8世が猫を悪魔の化身だと発表し、虐殺を命じた。

34. 猫は基本的に前足は5本指で、後ろ足は4本指である。指が多い多指猫も存在する。

35. 多指猫は作家ヘミングウェイに愛されていたため、英語では「ヘミングウェイ猫」と呼ばれる場合もある。

36. ヘミングウェイが晩年をすごしたフロリダ州キーウェストにある家には、45匹の多指猫が住んでいる。

37. 猫砂はもともと砂だったが、1948年頃に粒状の粘土が使用されるようになった。

38. リンカーンはホワイトハウスで4匹の猫を飼っていた。

39. リンカーンの妻は、夫の趣味を人に聞かれた場合、「猫」と答えるくらい猫を愛していたようだ。

40. ペットが扉から出入りできる「キャットドア」はニュートンが発明したものである。

41. 猫はノアの箱船でライオンがくしゃみをして誕生したという言い伝えもある。

42. 猫は自分の背丈の6倍の高さをジャンプすることができる。

43. 飼い猫でもウサイン・ボルトより速く走ることができる。

44. 猫が自分の糞を隠さなかった場合、それは「オマエのことなど恐れていないぞ……」という強気の姿勢を示しているからである。

45. 猫は人を使うために鳴き方を変えられる。お腹が減った時には人間の赤ちゃんの真似をして鳴くことがある。

46. 猫はヒゲを使って隙間を通れるかを測ることができる。

47. 猫は肉球からしか汗をかかない。

48. 宇宙に初めて行った猫は「フェリシティ」というフランスの猫である。

49. 猫には浮動性の鎖骨があり、そのため狭い隙間も通ることが可能である。

50. 猫の感覚で一番鋭いのは聴覚である。なんと約64kHzという高さの音まで聞くことができる。ちなみに人間は20kHzと言われている。

51. 猫は耳を180度動かすことができる。

52. 猫は耳を左右別々に動かすことができる。

53. 猫が飼い主の乳がんを見つけたことがある。

54. 猫の鼻には人の指紋と同じように独自の模様がある。

55. 猫の臭腺は尻尾、おでこ、唇、顎、そして前足に存在する。

56. 猫が人にすりつくのはマーキングのためである。

57. 猫は人や他の匂いを消すために自分を舐めている。

58. 古代エジプトでは飼い猫が亡くなった場合、自分の眉毛を剃って喪に服す習慣があった。

59. 猫をミイラ化して自分の墓に入れるという文化もあった。

60. 猫は古代エジプトでは神格化されていた。

61. 黒猫はアメリカでは悪運の象徴だが、イギリスやオーストラリアでは幸運の象徴である。

62. 猫が水を好まない多くの理由は、毛皮があまり水をはじかないからである。

63. 「ターキッシュ・バン」という種類の猫は例外で、水遊びが大好きである。

64. 「エジプシャン・マウ」が最古の猫の品種である。

65. 同種が、一番最初に「血統」が認められた。

66. エジプト語で猫は「マウ」である。

67. 猫を飼っている男性はモテる傾向にある。「より繊細なイメージがあるから」と言われている。

68. 猫を飼っている人の方が大学を卒業している可能性が17%高い。

69. 猫が鳥やネズミの死体を家に持って帰ってきた場合、それは「あなたが狩りが下手だ」ということを示すための行動である場合がある。

70. 猫は明るいところでの視力はあまりよくないが、暗闇では人間が必要とする明かりの7分の1の明るさで見ることができる。

71. 世界一たくさん産まれた子猫の数は一度に19匹である。

72. 米国の88%の猫は避妊手術が行われている。

73. 施設に保護される24%の猫しか新しい飼い主はみつからない。

74. 猫はカッコイイ。

75. そしてやわらかくて気持ちいい。

76. もし猫を飼いたくなったらペットショップじゃなく、施設から引き取るという選択肢を忘れてはいけない!

Quelle: dokuroou

17th April 2014

Foto gerebloggt von Wylona Hayashi mit 209.342 Anmerkungen

Quelle: theumbrellaofglass

17th April 2014

Fotoserie gerebloggt von Wylona Hayashi mit 244.917 Anmerkungen

Quelle: elfin-glamour

13th April 2014

Zitat gerebloggt von オレ、このサキどおしよう mit 1.862 Anmerkungen

自分を責めるのは「最大の逃げ」です。
いつまでも止まったままになってしまう反省よりも、少しづつでも前に進む努力をはじめましょう。

Quelle: hepton-rk

13th April 2014

Fotoserie gerebloggt von Vargtatt mit 110.915 Anmerkungen

cicadababy:

youngparis:

Cocoon and Evolved Metallic Mechanitis Butterfly Chrysalis from Costa Rica

my life cycle

Quelle: youngparis

13th April 2014

Zitat gerebloggt von 【J】にゅーすぷらすw mit 6 Anmerkungen

今、ある一人の女性が乳がんと診断されて書き留めた人生の教訓が、海外のネット上で話題になっているようだ。彼女は自分が90歳であると主張しているが、実際は54歳らしい。

しかし、45歳の誕生日前夜に書き留めたというその教訓は、普遍的でためになると思う。その一部を「POPSUGAR」より紹介したい。

1.人生は不公平だが、いいものだ。
2.不確かだからこそ、次の一歩が踏み出せる。
3.人生は短く、誰かを憎むのは時間の無駄というもの。
4.深刻になることはない。
5.毎月、クレジットカードは完済すること。
6.反対意見も尊重する。
7.泣くときは一人ではなく誰かの元で。
8.貯金をする。
9.過去を引きずって、今を台無しにしないこと。
10.子どもの前で泣くことを自分に許すこと。
11.他人の人生と比べない。本当のところはわからないのだから。
12.秘密の関係を持たないこと。
13.今日という日を生きる。
14.作家になりたければ、書けばいい。
15.好きなことを追い求めるのに、誰かの許可はいらない。
16.キャンドルを灯したり、いい服を着たり、毎日を特別な日と思って過ごす。
17.準備をしたら、流れに身を任せる。
18.今すぐ変わり者になること。年を取るまで紫を着るのを待つことはない。
19.誰かが自分を幸せにしてくれるわけじゃない。
20.すべてのものと、すべての人を許すこと。
21.他人が自分をどう思おうと関係ない。
22.ほとんどのことは時間が解決してくれる。
23.今がどんなに良い・悪い状況でも、必ず変わるときがくる。
24.仕事が自分が病気になったときに看病してくれるわけじゃない。友人ならそうしてくれる。常に連絡を取り合うこと。
25.奇跡を信じる。
26.どんな経験も自分を強くしてくれる。
27.外に出ること。奇跡はどこにだってある。
28.計算せず、今に精一杯つぎ込むこと。
29.便利でもなく、美しくもなく、喜びもないものは必要ない。
30.最終的に大切なのは、好きかどうかだけ。
31.誰かをねたむのは時間の無駄というもの。必要なものはすべて手にしている。
32.どんな気分であろうと、起きて、おしゃれをして、出かける。
33.深呼吸をする。
34.求めないものは、手に入らない。
35.人生はギフト。

7th April 2014

Foto gerebloggt von 【J】にゅーすぷらすw mit 4 Anmerkungen

vampirejohnnysun1018:

男性が犬っぽくっ見える5つの瞬間
1.感情の波長を合わせてくれる
私たちは大喜びしたり、大泣きしたりしているとあなたの彼もあなたの気持ちの波長を合わせてくれることが多いですよね? 犬も同じく、こちらが喜んでいるときは一緒になってテンションを上げて騒いでくれるし、泣いていると「どうしたの?」と言わんばかりにそばに寄り添ってくれますよね。
2.忠誠心を表現
「彼女が喜ぶためならなんだってやってあげる!」といった、あなたへ忠誠心を表現してくれる男性っていますよね。犬たちのなかには、あなた以外には目もくれず、ひたすらあなたの周りをついて回り、いつ何が起きても守ってあげる! という姿勢を見せてくれる子たちも。
3.褒められるのが好き
ネコは基本的に、自分たちの気持ちで動きますので、飼い主のために何かやってあげようとか、褒めてもらうのを待つことはほとんどありません。しかし、犬たちは褒めてもらうためにせっせといろんなことをやってくれますよね。男性たちも同じく、褒めてもらうことが大好き。一度褒められると、また同じことをやって褒めてもらおうとする行動は似たところがあります。
4.甘えん坊
「ずっとあなたに触れていてもらいたい!」と一緒にいる間は傍から離れない可愛い男性たち、いますよね。犬たちの中にも、家に帰ってきた時から片時も離れずソファーに座れば横にくっついている子たちがいっぱい。抱き着いたりキスしたりするのが好きな男性はこんな犬たちに似た点があります。
5.遊びを提案する
「これで遊ぼうよ!」と一緒に遊ぶことやお出かけ(お散歩)の提案をしてくる犬たち。こっちがそんな気分でない時も、誘ってくるのでたまに「今はい~よ~……」と思うこともありますが、私たちの気分転換にとことん付き合ってくれる姿勢は男性と犬の共通点ではないでしょうか?

vampirejohnnysun1018:

男性が犬っぽくっ見える5つの瞬間

1.感情の波長を合わせてくれる

私たちは大喜びしたり、大泣きしたりしているとあなたの彼もあなたの気持ちの波長を合わせてくれることが多いですよね? 犬も同じく、こちらが喜んでいるときは一緒になってテンションを上げて騒いでくれるし、泣いていると「どうしたの?」と言わんばかりにそばに寄り添ってくれますよね。

2.忠誠心を表現

「彼女が喜ぶためならなんだってやってあげる!」といった、あなたへ忠誠心を表現してくれる男性っていますよね。犬たちのなかには、あなた以外には目もくれず、ひたすらあなたの周りをついて回り、いつ何が起きても守ってあげる! という姿勢を見せてくれる子たちも。

3.褒められるのが好き

ネコは基本的に、自分たちの気持ちで動きますので、飼い主のために何かやってあげようとか、褒めてもらうのを待つことはほとんどありません。しかし、犬たちは褒めてもらうためにせっせといろんなことをやってくれますよね。男性たちも同じく、褒めてもらうことが大好き。一度褒められると、また同じことをやって褒めてもらおうとする行動は似たところがあります。

4.甘えん坊

「ずっとあなたに触れていてもらいたい!」と一緒にいる間は傍から離れない可愛い男性たち、いますよね。犬たちの中にも、家に帰ってきた時から片時も離れずソファーに座れば横にくっついている子たちがいっぱい。抱き着いたりキスしたりするのが好きな男性はこんな犬たちに似た点があります。

5.遊びを提案する

「これで遊ぼうよ!」と一緒に遊ぶことやお出かけ(お散歩)の提案をしてくる犬たち。こっちがそんな気分でない時も、誘ってくるのでたまに「今はい~よ~……」と思うこともありますが、私たちの気分転換にとことん付き合ってくれる姿勢は男性と犬の共通点ではないでしょうか?